おてんば Papillon's
我が家の可愛い娘たちと、時々、にゃんこ♪

プロフィール

りりママ

1999年12月28日生まれ

*script by KT*

2003年11月13日生まれ

*script by KT*

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
時は春…
久しぶりに、一眼デジカメを手に、散歩へ行きました。
IMG_0011.jpg
我が家から歩いて10分ほど、
牧野が池公園の南側にある公園から遊歩道に行くと大きな3本の桜が見事です。

IMG_0008s.jpg
一番好きな季節は、初夏ですが、桜の頃がその上を行きます。
日本人に産まれてきてよかったと、なぜか?つぶやいてしまいます。

IMG_0004.jpg
ティッピプリンは、右目は網膜剥離で失明し、もう片方も視力が殆どないのでカートで移動
ティアラも心臓の薬を飲んでいるのでカートです。

IMG_0031s.jpg
昨年の初夏にマルガリータに切っていた毛も元通りにはえてきましたし
お薬と心臓サポート食のお陰で元気に過ごせています。

IMG_0049.jpg
パフィは、相変わらずの肥満(笑)
毎年どこも異常がないので安心しています。

IMG_0017s.jpg
苺っちも相変わらずに元気一杯です。

マリンが亡くなった後の喪失感は、4匹のおてんばたちに癒されて満たされてきました。
食事を用意する時、5つのお皿を用意してしまう習慣は抜けませんが…

お陰で4匹は元気に過ごせています。
この子達がいる今を楽しみたいし…振り返るのはもう止めようと思います。
桜の頃…少し前向きな思いになった私。来年も桜の季節を楽しめるといいな…。
13才と1日
新年明けましておめでとうございます

さて、新年早々ですが…
皆様にも可愛がっていただいた海・マリンがお誕生日の翌日29日の18時に、眠るように旅立ちました。
marin1.jpg

4姉妹揃って、12月28日13才のお誕生日を迎えました。
クリスマス仕様に飾ったチーズケーキでお祝いを。
marin6.jpg
ティアラは、何か感じていたのでしょう…
28日の夜から亡くなるまで、ずっと…マリンを見つめて過ごしていました。
ティッピプリンは、莉りが亡くなった時と同じように怯えていました。
ティアラのこの写真の時にも目線の先には、マリンがいます。

マリンは、食べれなくなって、3日目に。3日寝込んだけで、逝ってしまいました。
ぎりぎりまで傍にいてくれたのが、よく分かります。
誕生日の日も午前中に点滴をしに病院へ行きましたが、前日は点滴の後、楽そうにしていましたのに
この日は、起きては身の置き所がなく落ち着かず…そして眠るの繰り返しで
辛そうなのでオムツをしましたが、おしっこは、最後まで一人でシートまで行ってしていました。
marin4.jpg

苦しい思いで迎えた誕生日ですが、4姉妹一緒に13才の日を迎えれて、良かったと思います。
marin3.jpg

目が覚めると私を見るマリン…
最後まで、懸命に私を愛してくれたマリン…
ありがとう!!!!!

姉妹の仲で、一番の甘えん坊で、うざい程にひっつき虫の子だったので、
余計に…淋しさを感じています。

私との別れをきっと…マリンも淋しがっていると思います。
生まれ変わっても、また会おうと、ママを見つけてと、約束をいつもしていました。

私がいなくて淋しくて仕方ない思いをしないよう…
莉りと会えるよう…たくさん祈りましたので、きっと!今は莉りと一緒にいると信じたいです。
苦痛の無い世界で一緒に、穏やかに…親子で過ごしていると思うことにします。

小さなお骨となったしまったマリンに向かう時…
まだまだ日々、涙は止まりませんが…
パフィ、ティアラ、ティッピプリン、いちごと共に乗り越えます。

長い間、マリンを見守って下さって、本当にありがとうございました!
懸命に生きて、私を愛してくれたマリンを時々思い出してやってください。
そして、今後とも、おてんばたち共々、よろしくお願いいたします。

マリン 安定の兆し
12月1日大阪から戻ると…フラフラしていたマリン
MARIN1202.jpg

食べてくれなかった食事も、点滴の後、2時間後には食べれるようになり
翌日2日は、譲渡会主催だったため欠席できずマリンも同行させた。
車に乗せるときに使っている小さなベッドのまま、膝の上で。

MARIN120201.jpg
左側の犬歯が抜けて以降、ぺこちゃん状態

幼い頃から、分離不安気味の症状があり、12才の今も、家中私の後を追いかけてくる。
様子の心配な日は、抱っこだワンを使用して、一日ひっつき虫。笑
マリンが私の傍で…安定した日々を過ごせますよう。


copyright 2005-2007 おてんば Papillon's all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。